生命活動を維持するためには多くのエネルギーを必要

24-10

ダイエットを終了、または中断した際に起こるリバウンドとは、急激な体重増加のことです。摂取カロリーがダイエット中の食生活は減少するわけですから、希少カロリーでもホメオスターシスによって生命維持が出来るように体が適応します。

ダイエット前の体重を超えてしまうこともあり、せっかくのダイエットに向けた努力が逆効果となってしまう懸念があります。基礎代謝と生命を維持するために行われる活動は呼ばれ、成人男性で一般的に1日に1,500キロカロリー、成人女性で1,200キロカロリーが消費されているとされています。

筋肉で基礎代謝で消費されるカロリーの多くは、消費されています。つまり、基礎代謝が筋肉の量が大量と活発になるため、1日の消費カロリーが自然に増加します。

これがリバウンドです。ダイエットの目標をこの状態で達成し、元の食生活に戻すと、生命維持が少額カロリーで可能な状態になっているため、食べ過ぎでは全然なくてもエネルギーが余ってしまい、脂肪とその分がなって蓄積されてしまいます。

自動車に例えると、エコドライブに燃費を軽減する似た状態になります。環境の変化に対応する能力が人間の体にはあります。

ホメオスターシスが人間の体にある以上、完全にリバウンドを回避することはほとんど不可能なのですが、基礎代謝を向上することなど、リバウンドの影響を体質を改善することによって最小限に抑えることは可能です。多くのエネルギーを人体を健康に保ち、生命活動を維持するためには必要とします。

「ホメオスターシス」とこれは呼ばれるもので、摂取カロリーの減少や体重の変化といったダイエットによって起きる環境の変化にも対応しようとする力が働きます。